このウェブサイトではクッキーを使用しています。クッキー(Cookie)とは、利用者がウェブサイトにアクセスした時に、コンピュータに記録される小さなテキストデータです。利用者のご利用状況を記録し、利用者がコンテンツをより快適にご利用いただけるために、表示言語の切り替えや、閲覧済みのコンテンツを認識しやすいように、利用します。
クッキーの使用に同意いただける場合は、以下の「同意する」を押してください。

クッキーの使用に同意する

Cookieの利用にご同意いただけるまで、この通知は表示されます。

忠犬ハチ公

渋谷区道玄坂2丁目、JR山手線など渋谷駅付近
  • 渋谷駅の待ち合わせ場所と言えば?
  • マークシティの一階。
  • いや、もっと有名なとこあるやろ?
  • ヒカリエかなあ。
  • ちゃうよ、昔からみんな知ってるとこ。
  • キューフロントのツタヤ。
  • わざと外しとるやろ?
  • 他に思いつかないよ。
  • 今、ハチ公の像の前やろ?
  • わかってるよ。
  • じゃあ、なんでこの像がここにあるか知っとるな?
  • 知るわけないじゃん。
  • たまたま空いてたから置いてるだけだよ。
  • 忠犬ハチ公の話、知らんの?
  • 南極に置いてきた犬の話だっけ?
  • それタロとジロやろ。
  • 像をよく見ると愛らしい顔しとるやろ?
  • ほんとだ。
  • 耳が片方垂れてる。
  • ハチ公、1923年生まれ。
  • 飼い主は、上野英三郎(ひでさぶろう)。
  • ここ渋谷に住んでた大学教授やった。
  • なんだちゃんと理由があるんだ。
  • 上野教授は東大農学部に通ってはった。
  • 東大農学部ってどこ?
  • 文京区本郷。
  • ハチ公は教授の帰りを楽しみにしとって、
  • 渋谷駅に迎えに来る事もあったんやって。
  • 犬って健気だよね。
  • ところが、ある日。
  • 上野教授が大学で脳溢血(のういっけつ)で倒れてしまうんよ。
  • そして、そのまま帰らぬ人になってしもた。
  • ハチ公は?
  • 飼い主が死んだ事がわかっとらんから、
  • その後も渋谷駅に迎えにきとった。
  • ごめん、もう涙腺ヤバくなってきた。
  • 犬好きだっけ?
  • 頻繁に渋谷駅で見かけるハチ公は、
  • 通行人とか子どもとかに、イジめられるようなってきた。
  • ひどい奴らだな。
  • それを知った、日本犬保存会の斎藤弘吉が、
  • ハチ公の事を当時の東京朝日新聞に寄稿したんよ。
  • いいぞ、斎藤さん。
  • 新聞で取り上げられると、
  • ハチ公は、みんなに可愛がられるようなった。
  • よかった。
  • 犬好きだったっけ?
  • 上野教授が亡くなってから10年目。
  • 1935年3月8日の朝6時、ハチ公11才の時。
  • 渋谷駅の南、稲荷橋付近の路地で死んどった。
  • ここは普段ハチ公が来ないとこやった。
  • ハチ公、なんでわざわざここをえらんだの?
  • 自分の死期を悟ったのかも?
  • 死体を病理解剖したら、
  • 心臓と肝臓にフィラリアが寄生しとった。
  • フィラリア?
  • 寄生虫な。
  • うえええ。
  • それと心臓と肺にガンも見つかったんよ。
  • 死因はそれ?
  • たぶんな。
  • あとな、胃からは焼き鳥の串が3、4本。
  • 串ごと食べたの。
  • 耳が垂れてるのはなんで?
  • 他の犬に噛み付かれたらしいで。
  • この話、つらすぎる。
  • いつから犬が好きになったの?
  • おまえは冷たい女だな。
  • おもろかったやろ? 次は、道玄坂の話したろかな?