このウェブサイトではクッキーを使用しています。クッキー(Cookie)とは、利用者がウェブサイトにアクセスした時に、コンピュータに記録される小さなテキストデータです。利用者のご利用状況を記録し、利用者がコンテンツをより快適にご利用いただけるために、表示言語の切り替えや、閲覧済みのコンテンツを認識しやすいように、利用します。
クッキーの使用に同意いただける場合は、以下の「同意する」を押してください。

クッキーの使用に同意する

Cookieの利用にご同意いただけるまで、この通知は表示されます。

調布村の雪女

青梅市千ヶ瀬町5丁目、青梅線青梅駅付近
  • 雪女の話知ってる?
  • 知ってるよ。
  • 姉妹の話やった?
  • うそ?血が繋がってない少年と少女だよ。
  • 少年が雪の女王にさらわれるんだよ。
  • それ違うから。
  • 日本の怪談、雪女だよ。
  • どんなん?
  • 昔々、2人のきこりの男がいました。
  • 一人は老人でもうひとりは若い見習い
  • ある冬の日、吹雪で動けなくなった2人は、
  • 山小屋に避難していました。
  • 夜、若い見習いが目を覚ますと、
  • 隣で寝ている老人の上に、
  • 白い服を着た黒髪の美女が覆いかぶさっていました。
  • オジーちゃんお盛んやな。
  • そういうんじゃないよ。
  • 女は息を吹きかけて老人を殺しちゃうんだよ。
  • 腹上死やな。
  • やめてよ、そういうの。
  • その女が雪女?
  • そう。
  • 雪女は、今度は若い見習いに近寄ってきた。
  • 見習いは動けない。
  • そして、雪女はこう言ったんだ。
  • おまえは若くて可愛いから助けてやる。
  • 若いってええな。
  • イケメンはお得なんだよ。
  • でも、この事は誰にも言うな。
  • 「言ったら命はないぞ」、と言い残して消えた。
  • それが雪女の話か。
  • そのイケメンの名前なんての?
  • 巳之吉(みのきち)
  • 弱そうな名前。
  • そういう事言わないでよ。昔の名前なんだからさ。
  • それから数年後、巳之吉の元に綺麗な女がやってきた。
  • 名前はお雪という。
  • その女の正体は雪女やろ?
  • 知らないフリして最後まで聞いてよ。
  • わかったから続けなよ。
  • 巳之吉とお雪は結婚し、沢山子どもができました。
  • ある日、巳之吉はお雪に、雪女の事を話しました。
  • すると、お雪は正体を現わして雪女になり、
  • あの時、「誰にも言うな」と言っただろうと怒りました。
  • わあ、その女、雪女やったん?
  • もういいから。
  • それでどうなった?
  • でも、この可愛い子ども達のためにも、おまえを殺せない。
  • どうか子どもの面倒を見ておくれ、と言い残して、
  • 溶けて消えてしまいましたとさ。
  • 雪女はなにがしたかったの?
  • 知らないよ。
  • まあ、この話は有名な「怪談」の中のひとつなんだけど。
  • 調布村というところに伝わる伝説なんだって。
  • それって、今の調布市
  • 雪が積もるような山なんてあった?
  • ないよ。
  • 調布村と調布市は全然違うんだよ。
  • 調布村ってどこ?
  • 今の青梅市
  • ここは山があるからわかる。
  • 冬は雪が積もるしな。
  • 青梅に「調布」って地名はもう残ってないんだけど、
  • 調布橋というのが残ってるよ。
  • ここが雪女の発祥なんや。
  • なんで調布って言うの?
  • この辺は織物が盛んだったそうだよ。
  • それで布なんや。
  • さっきの雪女ってシリーズ物?
  • 怪談(Kwaidan)の中のひとつだよ。
  • なんでカッコの中に英語
  • 海外にも翻訳されたんだよ。
  • 怪談って他に何があったっけ?
  • 耳無芳一、むじな、ろくろ首・・
  • 誰が書いたん?
  • 小泉八雲。
  • 顔が濃い。
  • 外国人だよ。
  • え?怪談書いたのって外国人?
  • 雪女のオチより驚いたわ。
  • 本名はパトリック・ラフカディオ・ハーン
  • ギリシャ人だった日本人。
  • どっちなんだよ?
  • 元々、ハーンはギリシャ人だったんだよ。
  • 厳しいカトリック教徒の家に生まれて、
  • キリスト教の教育にうんざりしてたんだって。
  • 宗教は親から引き継がれるもんやって。
  • そして、ケルト原教のドルイド教にハマったり、
  • イギリスやフランス、アメリカへ渡ったりして、
  • 新聞記者とかの仕事してたんだよ。
  • 世界を股にかけた男やな。
  • ある日、人から聞いて日本の事を知り、憧れた。
  • そして、1890年にアメリカの出版社の仕事で日本に来て、
  • そのまま帰化して日本人になったそうな。
  • そんな人おったんや。
  • おどろいた。
  • 帰化したときに、小泉八雲に改名したんだよ。
  • なるほど。
  • それで日本人なんや。
  • 日本を語らせたら右に出るものはない、ってほど、
  • 西洋人の客観的な視点から、日本を調べ尽くした人さ。
  • 小泉八雲が書いた、
  • Japan An Attempt at Interpretationって本は、
  • アメリカやGHQの、日本人への心理戦略に役立ったそうだよ。
  • その本、英語しかないの?
  • 日本語訳された本は、神国日本
  • どう訳したらそうなるん?
  • 世界視点で徹底的に日本を分析した本は他にないよ。
  • どんな内容?
  • 日本人の良い部分と、悪い部分がギッシリ。
  • 読むときっと疲れるよ。
  • それじゃ帰ろっか。
  • 帰りに寄っていって欲しいところがあるんだけどさ。