このウェブサイトではクッキーを使用しています。クッキー(Cookie)とは、利用者がウェブサイトにアクセスした時に、コンピュータに記録される小さなテキストデータです。利用者のご利用状況を記録し、利用者がコンテンツをより快適にご利用いただけるために、表示言語の切り替えや、閲覧済みのコンテンツを認識しやすいように、利用します。
クッキーの使用に同意いただける場合は、以下の「同意する」を押してください。

クッキーの使用に同意する

Cookieの利用にご同意いただけるまで、この通知は表示されます。

日原鍾乳洞

東京都西多摩郡奥多摩町日原、奥多摩駅からバス。
  • なんでこんな山奥まで来たの。
  • 山ってか、ここ東京都だよ?
  • ここにな・・
  • めっちゃ大きい洞窟あってん。
  • うそ?
  • どうせショぼいよ。
  • あれが入口。
  • うわー、すごーい。
  • 入りたくない。
  • ここで待ってるから見てきて。
  • ちっちゃい時、穴の中とか隠れたやろ?
  • そんな遊びしてない。
  • 私ここで待ってるから。
  • じゃあ、そこで待っとれ。
  • クマ出るけどな。
  • クマ?
  • やっぱ、私も行く。
  • 広いんだね。
  • 天然の鍾乳洞なんて東京にあるんやな。
  • どう考えても、絶対、ナンかいる。
  • 何がおるの?
  • ねえ、誰がなんのためにこんな洞穴を掘ったの?
  • この岩は、石灰石っちゅうので出来てて・・
  • 二酸化炭素を含んだ酸性の雨とか、
  • 地下水で溶けるんやって。
  • えーと、だから?
  • 誰かが掘ったんじゃないんだよ。
  • 天然の穴か。
  • ツララみたいな石は、鍾乳石(しょうにゅうせき)っちゅうの。
  • 3センチ伸びるのに200年もかかるんやって。
  • 下から生えてる石もあるじゃん。
  • 下から生えてる石は、2倍かかるらしいで。
  • 3センチで400年か。
  • ねえ、音が聞こえる。
  • 呪いのメロディだ。
  • ヤバいって。
  • なんかスピーカーとかあるんだよ。
  • あの音は、水琴窟(すいきんくつ)っちゅうて・・
  • 水を張ったビンに水滴が落ちて鳴ってるらしいで。
  • 水滴の楽器か。
  • それより、暑い。
  • この洞窟の中は一年中、11度やって。
  • 夏に来ればよかったよ。
  • 昔、お坊さんがここで修行したらしいで。
  • ねえ、どこまで行くの?
  • すぐ出られるかと思ってたのにさ。
  • この洞窟、1270メートルあんねんて。
  • 1キロ以上歩くのかよ。
  • もう帰る。
  • 出口は?
  • あの階段は?
  • 私は登らないかんね。
  • ここで待ってるから。
  • すっごい急な階段だね。
  • 高低差は134メートルや。
  • 下手なビルより高い。
  • ここは1962年に発見された新洞やって。
  • 誰が好きで探すんだよ、こんな穴。
  • ねえ、結局ついてきたの?
  • おまえらが怖がると思って、付き合ってやってんの。
  • 全部まわるのに40分ってとこやな。
  • もう疲れたし、早く帰ろう。
  • もしかして閉所恐怖症だった?
  • 入って来たとこに戻ってきた。
  • ねえ、奥多摩湖行こ。
  • なんだ元気じゃん。
  • 私はこれから仕事行かなアカンの。