三億円強奪事件
府中市栄町3丁目、JR武蔵野線北府中駅付近
  • 今日は府中刑務所にきたよ。
  • ここは再犯者とか外国人受刑者とかが多いんだって。
  • すごいだね。
  • 乗り越えるのは無理やな。
  • 定員は2,842人なんだけど、今定員オーバーなんだってさ。
  • 刑務所足りてないんや。
  • 刑務所の西側には、刑務所より広い敷地の東芝工場
  • 過去に最高3万人くらい働いてたんだって。
  • 刑務所の10倍や。
  • これだけの従業員にボーナス出すのは大変だね。
  • いくらくらい?
  • 総額三億円。
  • えっと、こういうお金の計算ってわかんない。
  • めっちゃ安いわ。一人平均1万円やで?
  • 1968年当時の三億円だよ。
  • 今の貨幣価値にすると10億円相当だよ。
  • 10億円あったらどうする?
  • 貯金する。
  • 地味な使い方だな。
  • ハンパな金額やな。
  • 株にするわ。
  • なんかつまんないな、おまえら。
  • 夢子は何に使うの?
  • おしえない。
  • 整形やろな。
  • わたしに整形の必要なんかないだろ?
  • で、東芝の三億円のボーナスの話は?
  • その時はさ、
  • 三億円を普通の車で輸送してたんだって。
  • 三億円ってどれくらいの量?
  • ジュラルミンのトランク3個分だよ。
  • それなら車のトランクに入るな。
  • 1968年12月6日。
  • 日本信託銀行、国分寺支店の支店長に脅迫状が届いた。
  • 指定の場所に300万円持って来ないと家を爆破するって。
  • 指定場所に警察官50人が張り込んだけど、
  • 犯人は現れなかったって。
  • そんだけ警察官がいたら犯人も諦めるやろな。
  • 4日後の12月10日。
  • 脅迫を受けた、日本信託銀行の国分寺支店から、
  • 三億円を積んだ現金輸送車(セドリック)が出発。
  • 社員の大事なボーナスや。
  • その車は東芝工場に向かった。
  • で、現金輸送車がちょうどこの辺に差し掛かった時。
  • 刑務所の北側?
  • 学校とかあるな。
  • 後ろから白バイが追いかけて来た。
  • そして輸送車の前に停まると運転手に声かけたんだ。
  • あのー、お金落としましたよ。
  • 黙って聞けよ。
  • あなたの銀行の巣鴨支店長宅が爆破されました。
  • この車にもダイナマイトが仕掛けてあるので調べるって。
  • 物騒やな。
  • 例の脅迫電話の人の仕業だよ。
  • 白バイ隊員が現金輸送車の下を調べると、
  • シューっと音をたてて、火花が散り始める。
  • 爆発するよ。
  • 爆発するぞ!早く逃げろ!と白バイ隊員。
  • 銀行員が慌てて逃げると、
  • 勇敢にも、白バイ隊員が現金輸送車に乗り込み、走り去った。
  • どこ行ったんやろ?
  • 爆弾処理に行ったんじゃないの?
  • そしてそこには燃え尽きた発炎筒が残された。
  • その白バイ隊員は偽物か。
  • あっさりと盗まれとるやん。
  • すぐに警察は東京全域で緊急配備したものの、
  • 検問では犯人は見つからなかったそーな。
  • 犯人の車(セドリック)はどこ行ったの?
  • 強盗現場から少し北に行ったところ、
  • 国分寺史跡あたりに乗り捨てられてたって。
  • 七重の塔なんてあったんや。
  • 犯人はここで車をカローラに乗り換えた。
  • 検問で、大きなケース見つからなかったの?
  • 空のケースは、
  • 事件現場から北東方面…、武蔵小金井駅からちょっと北、
  • 小金井市本町の団地の駐車場に捨てられてた。
  • 4ヶ月後にカローラと一緒にここで発見されたんだよ。
  • 4ヶ月後って言うた?
  • 団地の人とか誰も気付かなかったの?
  • ここは、誰もが無関心な事を、犯人は知ってたんだろうね。
  • 駐車場には、他にも盗難車が3台あったんだって。
  • 全部犯人のもの?
  • たぶんね。
  • この盗難車の中に女物のイヤリングとか、
  • 競馬雑誌とか、喫茶店のマッチとか、
  • 犯人のものと思われる遺留品が残されてたんだって。
  • 落としすぎや、アホな犯人やな。
  • いや、捜査を錯乱させるためにわざと残していったのかも?
  • 強盗現場には帽子とかバイクも残されていたし、
  • 細かい遺留品が、全部で120点もあったんだってさ。
  • 帽子にとか残ってなかったの?
  • 警察官達が現場で交互に被っちゃって鑑定不能
  • なにしてはるの。
  • 銀行員は白バイの人見てるんでしょ?
  • 目撃者おるやん。
  • 普通ならモンタージュ写真を作るんだけどさ。
  • 容疑者として疑われた19歳の少年を目撃者達に面通ししたら、
  • みんなが似てるって言ったから、
  • この少年の顔を元に指名手配用の似顔絵に使ったんだって。
  • でもこの少年は後にシロと発覚。
  • 余計に真犯人の顔がわからなくなったって。
  • なんか自分らのせいで混乱しとるな。
  • 証拠が捜査の足引っ張ってるね。
  • 少年は、事件の5日後に青酸カリで不可解な自殺。
  • どうしたんやろ?
  • 他にも何人か容疑者が出て来たんだけど、
  • アリバイとか血液型が違うとかで、みんなシロ。
  • 容疑者の中には、マスコミに執拗に追い掛け回されて、
  • 自殺した人もいたんだって。
  • 社会ごと泥沼化しとるな。
  • ついには付近への無差別聞き込みでローラー作戦
  • 被疑者の数は10万人以上
  • 探すほうもぐったりやな。
  • そう、捜査の過労から亡くなった警察官もいたんだって。
  • 事件と直接関係ないところで、死人が出てるんだね。
  • でも結局、犯人が特定できず。
  • 1975年に時効
  • 時効成立後に自称犯人が何人か現われたらしいよ。
  • 自称犯人って?
  • 目立ちたい人とか、名前を売りたい人とか。
  • まあみんな偽物だったそうだけどね。
  • 結局、三億円は消えてしまった。
  • ねえ、お金盗まれちゃったらボーナスはカット?
  • いや、保険から支払われたよ。
  • 映画化もされた?
  • そりゃあもう。
  • 小説、映画、ドラマから漫画、歌まで作られたよ。
  • 三億円以上の経済効果や。
  • じゃ、仕事の話しよっか。
  • やんなきゃいけない事いっぱいあるよ。