夙妻太夫の恋
国分寺市西恋ケ窪1丁目、中央本線西国分寺駅付近
  • 西国分寺駅の近くに・・
  • 池があるんやけど。
  • ここは姿見の池(すがたみ)って言うんやって。
  • なんで?
  • むかし女の人が姿を映して見てたんやって。
  • 鏡の代わりってこと?
  • 今じゃ濁ってて映らないよ?
  • ヘドロだね。
  • うそ?綺麗だよこの水。
  • ヘドロじゃなくて天然の土で濁ってんだよ。
  • この水、湧き水やって。
  • どっから湧いてるの?
  • ってか、湧き水の仕組みってよくわかんないんだけど。
  • 湧き水は、雨水が地下に溜まって湧くんやって。
  • ここらへんは雨水浸透ますで、地下水に水を通して、
  • 湧き水を再現してるんやって。
  • それって、地味に凄いこと?
  • 多分、すごいと思うよ。
  • むかしは綺麗な湧き水が沸いてたらしいけど、
  • 都市開発と共に水が汚れて、
  • 1965年に埋め立てた池を、
  • 1998年に復元させたんやって。
  • あのさ、この話面白い?
  • つまんない。
  • じゃあ、おもろい話したるわ。
  • ここで身投げした女の人がおるんよ。
  • 面白くないよ。
  • やめようよ。怖いし、不謹慎だよ。
  • で、その自殺した女の人って誰?
  • 夙妻太夫(あさづまたゆう)。
  • 太夫(たゆう)?
  • 太ってたの?
  • 遊女や。
  • 遊女の中でも一番位が高いのを、太夫(たゆう)って言うんよ。
  • ここに遊女がいたんだ?
  • このへんは鎌倉街道が通ってたらしいで。
  • 街道沿いに、遊女がおる宿場があったんやって。
  • うそ?鎌倉って神奈川じゃん?
  • 鎌倉街道は、埼玉から鎌倉まで繋がっとるんよ。
  • その時代は「鎌倉街道」って言葉はなくて、
  • 上道(かみつみち)、中道(なかつみち)、下道(しもつみち)
  • って呼ばれてたんよ。
  • 鎌倉街道って言葉は、江戸時代に出てきたんやって。
  • えーと、この辺はなんて呼ぶの?
  • 上道(かみつみち)が通ってた。
  • で、その女の人はなんで池に飛び込んだの?
  • 鎌倉時代の武将、畠山重忠(はたけやましげただ)が、
  • 今の、埼玉県深谷市あたりから、
  • 幕府のあった鎌倉まで通ってた時に、
  • いつもここを通ってたらしいんよ。
  • 悪い男?
  • 夙妻太夫とめっちゃ惹かれあっとった。
  • ねえ、夙妻太夫って遊女でしょ?
  • うん。
  • つまり、お金さえ払えば誰とでも寝ちゃう?
  • 遊女と言っても、太夫やからな。
  • 普通の女の子と同じやと思ったほうがええんちゃう?
  • 特別な人にしか惹かれないって事かな?
  • で、なんで身投げしたの?
  • 畠山重忠が遠征した時に、死んだって知らされたからや。
  • へえ、一途なんだ?
  • しかもその話は嘘やった。
  • 誰が嘘ついたの?
  • 重忠が死ねば、自分と付き合ってくれると思った男や。
  • 畠山重忠はどうした?
  • 夙妻太夫の死を悲しんで、像とお寺作ったよ。
  • そのお寺って残ってるの?
  • そのお寺がどこかはわからへんらしいけど。
  • 西国分寺駅の近くに東福寺があって、
  • そこにお墓は見つけたよ。
  • 傾城(けいせい)って書いてある?
  • 傾城ってなに?
  • 遊女の「太夫(たゆう)」って言葉は…、
  • 江戸時代から使われるようなったんよ。
  • この話は、鎌倉時代の話じゃなかった?
  • 鎌倉時代は、位の高い遊女の事を「傾城」って言うたんやって。
  • 女の人が着水自殺して、像を作ったって伝説多いよね。
  • あ、ねえ。
  • 変なこと気付いた。
  • なに?
  • 西国分寺って駅はあるのにさ。
  • 西国分寺って地名ないの?
  • ないよ。
  • ここの住所は恋ヶ窪(こいがくぼ)
  • すぐ近くに西武国分寺線の駅もあるよ。
  • かわいい名前。
  • なんで恋ヶ窪って地名になったの?
  • アイヌ語が語源とか・・
  • あと、武蔵の国府に近い窪地やから、
  • 国府ヶ窪が「恋ヶ窪」に変化したとか。
  • なんか可愛くないね。
  • 池にがおったから「鯉が窪」とか。
  • どんどん期待外れになっていく。
  • 恋する乙女が身投げしたから、恋ヶ窪って事にしとこうぜ?
  • じゃあ、それで。
  • ねえ、やんなきゃいけない事思い出した。