かなしい坂の謎
府中市清水が丘3丁目35、京王線多磨霊園駅付近
  • 府中市の東郷寺だよ。
  • 東郷寺って東郷平八郎と関係ある?
  • ここは東郷平八郎の別荘跡なんだって。
  • この門、映画でみたことある。
  • なんやったかな?
  • 黒澤明の羅生門だよ。
  • ここで撮影したん?
  • 羅生門は、東郷寺の山門をモデルにしたって言われていて。
  • 形は似てるけど別モノだよ。
  • 今日は東郷寺に行くん?
  • いや、違うんだ。
  • この山門の近くに、があるんだけど。
  • この坂がなんて呼ばれてるか知ってる?
  • かなしい坂。
  • え?なんで知ってるの?
  • あそこに書いてあるやん。
  • そんなに急な坂ってわけじゃないね。
  • しょぼい坂やから、悲しいんちゃう?
  • ああ、なるほど。
  • これで今日の話は終わりや。
  • 勝手に終わらせないでよ。
  • 全然、ちがうから。
  • じゃあ、何がかなしい坂なの?
  • あそこに書いてある。
  • だいぶ北のほうにある玉川上水なんだけど。
  • 最初は、ここらへんに通す予定だったんだって。
  • ここって多摩川に近いよ?
  • こんな近くに川2本必要?
  • 知らないよ。
  • このあたりまで、掘り進めたところで、
  • 関東ローム層っていう柔かい土が出てきたんだって。
  • なにそれ?
  • その土は火山灰らしいよ。
  • え?山噴火したの?
  • 噴火したのは、はるか昔の話だよ。
  • いつ頃?
  • 火山の話はいいんだよ。
  • 今は玉川上水の話してんの。
  • で、川の工事はどうなったん?
  • 関東ローム層の土は、水を吸っちゃうから、
  • 川を通す事ができなかったんだって。
  • もしかして、ここまで掘ってた?
  • そうだよ。
  • 大規模な掘り直しさ。
  • 最悪。
  • 税金の無駄使いや。
  • この失敗の責任は役人がとるんだよ。
  • どうやって責任取るの?
  • まずは、みんなの前で謝罪会見やな。
  • 切腹だよ。
  • いやだそれ。
  • 江戸時代の話やったな。
  • その時に役人は「かなしい・・」とつぶやいたとか。
  • それで、「かなしい坂」なんや。
  • 玉川上水作ったのって誰?
  • 玉川兄弟。
  • 庄右衛門(しょうえもん)と、清右衛門(せいえもん)
  • いかにもって名前やな。
  • この2人は、玉川上水を無事に通した後、
  • 「玉川」という苗字を与えられたんだよ。
  • 2人で掘ったの?
  • アホか、たった2人じゃ無理やろ?
  • 大規模工事や。
  • 村人とか手伝ったのかな?
  • そういう記録って、残ってないの?
  • 玉川上水の工事記録は、殆ど何も残ってないらしいんだよ。
  • なにそれ?
  • もしかして、玉川兄弟がいたことすら怪しい?
  • そうかもね。
  • それじゃ話が始まらないじゃん。
  • 玉川上水は1653年に完成して、次の年から通水。
  • それは上水記(1791年)っていう記録に残されてるんだけど。
  • そこで、玉川兄弟が関わっていた事がわかったそうな。
  • とりあえず玉川兄弟は実在してそうやな。
  • でも、これって工事の140年後くらいに書かれたものなんだよ。
  • 140年前の工事の記録とか書けるもん?
  • 140年って、人生2人分くらいの長さだよね。
  • だから、殆ど設計図みたいな内容ばかりだったそうだよ。
  • 関わった人はわからないんや。
  • んで、「かなしい坂」の話は、どっから出てくるの?
  • 明治時代以降になってから。
  • そんな遅く?
  • 三田村鳶魚(みたむらえんぎょ)っていう、
  • 江戸時代専門の、研究学者みたいな人がいて。
  • 明治時代の人?
  • 昭和27年(1952年)まで生きてたよ。
  • 昭和時代かよ。
  • そこで、玉川上水工事の責任者だった、
  • 伊奈忠治(いなただはる)っていうお役人さんが、
  • 亡くなってる事がわかったんだ。
  • 工事中に?
  • うん、多分。
  • 事故?
  • 切腹やろ?
  • この人は荒川江戸川の工事も手掛けててさ。
  • 埼玉県と、茨城県で、「伊奈町」って地名が残るくらいに、
  • すごい人だったそうだよ。
  • そんな人が切腹とかありえないよね?
  • 責任とかより、才能を失うほうが痛手やな。
  • そして、伊奈忠治が亡くなった後に、工事を完成させたのが…。
  • 安松金右衛門(やすまつきんえもん)。
  • また新しい人でてきた。
  • それって、明治生まれの江戸博士みたいな人が言ってんの?
  • そう、三田村鳶魚ね。
  • 自害した役人はいたらしいんだけど。
  • 自殺?
  • まあ、きっと切腹やろな。
  • 記録ってさ「切腹」とは書かないらしいんだよ。
  • え、そうなんだ。
  • だから死因は歴史学者とかが、予測するしかないんだよね。
  • どれがホントの事かわからへんな。
  • だから、困りはてた人がいたんだよ。
  • だれ?
  • 「玉川兄弟―江戸上水ものがたり」を書いた、
  • 小説家の杉本苑子(そのこ)さん
  • なにを困ってたの?
  • 小説のネタにできるほど情報がない。
  • 設計図とかしかないんだっけ?
  • だから、伊奈忠治が切腹した事にしようって考えた。
  • そこで「かなしい」って言ったんや?
  • 言ってないよ。
  • 小説の中では「かなしい」どころか、漢気(おとこぎ)を見せたさ。
  • 玉川兄弟と伊奈忠治の、熱い絆が描かれてるよ。
  • じゃあ、一体誰が「かなしい」って言ったんだろ?
  • 薬学博士の恩田政行(おんだまさゆき)が、
  • こんな所に川を引く工事をするはずがないって言ったよ。
  • 切腹どころの話じゃなくなってきた。
  • 高橋睦人(むつと)さんも、地理学者の視点から・・
  • かなしい坂までの工事説には、地理的な矛盾があるって。
  • 結局、このかなしい坂はなんやったん?
  • この坂が悲しんでる理由はなのさ。
  • もしかすると・・
  • 玉川上水とは関係ない理由かもね?
  • 切腹とかヤダ。
  • じゃあ、仕事に戻ろう。